日本語

日英法律文書翻訳・編集

キャロル・ローソン

法学士号・ 文学士号(アジア研究学)(ANU)、翻訳学修士号(優等卒業)(Sheffield)
法学修士号 (UNSW)、大学院法学研究科博士後期課程 (ANU)

業務内容


翻訳および編集

  • 各種契約書(リース契約、ライセンス契約等)、保証書
  • 学術出版物
  • 制定法、規則、規制、指針
  • 判決、判例
  • 法務関連通信文書

教授

  • アジア法学および比較法学
  • 法社会学
  • Plain legal English (分かりやすい英文法務文書作成)
  • 学術論文の執筆と構成
  • 法律関係和文英訳

プロフィール


  • オーストラリアにおいて法廷弁護士と事務弁護士の両方の免許を保有
  • 25年以上にわたり日本と関わってきた実績
  • 日本において10年以上にわたり就学と就業を経験
  • 卓越した英文書作成能力
  • 細部に対する高度な注意力
  • 顧客の満足の達成への専心

学歴・資格・受賞歴


2016年
  • オーストラリア政府エンデバー研究フェローシップ: 早稲田大学リサーチフェロー
2015年
  • オーストラリア国立大学博士課程奨学金
2010年
  • 日本法情報研究センターフェロー
2010年
  • 名古屋大学法政国際教育研究センター客員研究フェロー(1月~3月)
2009年
  • オーストラリア国立大学法学部客員研究員(1月~2月)
2007年
  • クィーンズランド大学大学院日本語通訳翻訳修士課程(遠隔医療翻訳・法律翻訳教授プロジェクト・メンバー)、学生学習強化部門優秀教授・学習賞受賞
2006年
  • 川村明オーストラリア日本法ネットワーク(ANJeL)日本法科優秀成績賞受賞
2005年
  • Blake Dawson Waldron 法律事務所日本法優秀研究論文賞受賞
2004年
  • ニュー・サウス・ウェールズ大学大学院オーストラリア日本法ネットワーク(ANJeL)日本法科 優秀成績賞受賞
2002年
  • NAATI (オーストラリア通訳翻訳検定機関)和文英訳検定試験 Advanced Translator 合格
1998年
  • 日本語能力検定試験1級合格
1988年
  • 法廷弁護士および事務弁護士(ソリシタ)としての弁護士資格取得

専門職協会会員資格


  • Law and Society(ローアンドソサエティ)
  • Asian Law and Society Association
  • 日本法社会学会
  • European Association of Japanese Studies(ヨーロッパ日本研究協会)
  • 日本翻訳者協会(法律翻訳分科会会長)
  • Roppongi Bar Association(日本)
  • Foreign Women Lawyers Association (日本)
  • 法と言語学会
  • Clarity – International Association for the Promotion of Plain Legal Language
    (クラリティ―明瞭な法律用語の利用を促進する国際団体)

論文・著書


2017年 (見込み) “Satoshi Tomiyama, Director-General for the Correction Bureau, Japan”, Dilip K. Das, Martha Henderson Hurley, Mark Nolan 編著, Trends in Corrections: Interviews with Corrections Leaders Around the World 第3巻 (CRC Press Taylor and Francis Group 出版社)
2016 “A ‘Genuine Profession’ of Legal Translators for Japan: Broader Horizons at Last” 法と言語 Language and Law: The Journal of the Japan Association for Language and Law, No. 3
2015年 who-rules-japan-thumb“Reforming Japanese Corrections: Catalysts and Conundrums (行刑改革:そのきっかけと問題点)” Leon Wolff, Luke Nottage, Kent Anderson 編著” Who Rules Japan? Popular Participation in the Japanese Legal Process(Edward Elgar 出版社)


2015年 “Does Imprisonment Work? (自由刑は効果がある?)” Legaldate: Criminal Law Vol. 27 No. 2 (9~11項) 
2014年 work-rules-thumb“わかりやすい語法による英文就業規則のつくり方 Drafting Work Rules in Plain Legal English”(日本法令 共著:倉田哲郎)
2007年 “Found in Translation: The ‘Transparency of Japanese Law Project’ in Context (翻訳からの発見―文脈で捉える ‘日本法の透明化プロジェクト’ )”
Journal of Japanese Law Vol. 12 No. 24 (187~199頁)
2006年 “Japan’s New Privacy Law (日本の新しい個人情報保護法)”
University of New South Wales Law Journal Vol. 29 No. 2 (88~113頁)
2002年 “‘Perceptions of the Current State of the Japanese Legal System’: Interview with Koji Sato, Chairman of Japan’s Judicial Reform Council(‘日本の法制度の現状についての見解’:司法制度改革審議会会長佐藤幸治氏に聞く)”
Australian Journal of Asian Law Vol. 4 No. 1 (76~91頁)

主な発表


2015年3月 “Re-shaping the Japanese Penal Landscape – is Soft Civil Oversight Enough?”                      ハワードリーグフォアピーナルリホーム年次学民官大会(オクスフォード)
2015年12月 “Civil Oversight: One Size Fits All? Insights from Prison Visitors in Japan and the ACT”     ローアンドソサイティ豪州ニュージーランド年次学術大会(アデレード)
2014年8月 “Prospects for a ‘Genuine Profession’ of Legal Translators: Paving the Way for the Global Sharing of Japanese Legal Ideas”
第14回ヨーロッパ日本研究協会国際会議(リュブリャナ)
2014年5月 “Reforming Japanese Corrections: Catalysts and Conundrums”
第50回ローアンドソサイティ年次学術大会(ミネアポリス)
2011年10月 “Translating Employment Rules 101”
日本翻訳者協会法律翻訳分科会ワークショップ(東京)

職務経歴


学術
2015年
オーストラリア国立大学
法学部
  • 非常勤講師(日本大学対抗交渉コンペティション:チームオーストラリア)
2012年~2014年
名古屋大学
大学院法学研究科
  • 特任准教授
    学省博士課程教育リーディングプログラム(法制度設計・国際的制度移植 専門家の育成プログラム)
2011年
ケント州立大学
近代・古典語学研究科
  • 非常勤講師
    (日英法律文書翻訳)(通信授業)
2010年~2011年
名古屋大学
大学院法学研究科
  • 客員講師
    (比較法学及び政治学修士号プログラム)
2008~2009年
オーストラリア日本法
ネットワーク(ANJeL)
  • エグゼクティブ・コーディネーター
2004~2008年
ニュー・サウス・ウェールズ大学
大学院法学研究科
  • 非常勤講師補佐
    (日本法修士号プログラム)(通信授業)
2004年~現在
クィーンズランド大学
大学院言語・比較文化学研究科
  • 非常勤講師
    (日本語通訳翻訳修士課程、日英法律文書翻訳)(通信授業)
2002年
アデレード大学
人文社会科学部
アジア研究センター
  • 非常勤講師
    (上級日本語:日英社会学系論文翻訳)
1994~95年
オーストラリア国立大学
法学部
  • 非常勤講師
    (企業法)
法律
1988~90年
オーストラリア最高裁判所
副登録官
  • 最高裁訴訟事件管理
  • 係属中の訴訟の分析、裁判官用の摘要書の作成
1987~88年
オーストラリア連邦政府法務省弁護局憲法改革課
夏季インターン
  • 憲法改革国民投票の準備研究
  • 最高裁判所裁判の準備研究
翻訳
2011-2015
オーストラリア通訳翻訳検定機関 (NAATI)
  • 和文英訳検定審査会審査員
2001年~現在
Legal Communications Japan
リーガル
コミュニケーションズジャパン
  • 日英法律翻訳
  • 日本法関連コンサルティング
  • 学術論文編集

著作権© 2016年Legal Communications Japan全権所有。